07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

行雲流水

福島県の美しい風景を届けたいと思っています。裏磐梯の四季、いわきの海、福島県内の桜、紅葉、新緑、雪景色、星空、山、川、滝、湖、花。

サワオグルマの咲く頃 

サワオグルマ
サワオグルマ

サワオグルマ

サワオグルマ
1枚目Nikon D90+AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G
2枚目Nikon D90+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
3、4枚目Nikon D90+Tokina AT-X 124 PRO DX Ⅱ+ND400


サワオグルマ(沢小車)

植物の名前にはその花の見た目をそのまま名前にしたものが多いがこのサワオグルマも

そのように小さな車輪の形からその名が付けられたようだ。



この花が咲いている時にここを訪れたのは今回で4回目だ

残念なことにこの花が以前より少なくなっていた・・・。



以前にスニーカーで来ていた私を注意してくれた地元カメラマンがいました

それはスニーカーだと固い土の上を歩くからダメだと教えられた

長靴なら川の中などを歩けるから、そして植物を痛めないためだと教えられた。



今情報ですぐにこの場所がわかってしまう時代、人はドンドン入ってきます

私の考えがどうかわからないがあまりにも人が入るならこの自然を残すためには木道を造ってしまうという考えもあるのだが・・・。

自分がここに行ってて言うのもなんですが・・・葛藤を覚えてきます。

花が少なくなってふとそんなことを思いました。

関連記事



ランキングに参加しています「ぽちっ」とお願いします。

#Photo by horikoshi | 2011/06/14 (火)  20:18 | コメント: 8 | トラックバック: 0編集

PAGE TOP

この記事に対するコメント

いい光を貰いましたね♪ 二枚目もステキです(^o^)

こういった場所に足を踏み入れるっていうのは、どのみち自然環境にはストレスを掛けるのは事実です。 しかも困った事に、本能的に先達が踏んだ足跡を、更に踏んでしまうという事実があります。 善し悪しを言い始めれば、誰一人分け入らないのが一番でしょうけど、伝える人が居なければ保全への興味も引き寄せられないという事実もあります。

ケース・バイ・ケースで考えねばならないのでしょうけど、今週私が分け入った場所は、沢の中を歩いてしまったら、岩苔が傷んでしまうといった場所でした。 沢沿いには沢山の足跡がついていて、既にちょっとした道が出来上がっています。 ここで踏まれてしまった植物があれば、やはりダメージは少なくないと言えましょう。

こう言っては何ですが、maruさんに川の中を歩くべきとアドバイスされた方も、実は自らの生業のために、カメラマンをここへ案内してきた責任と言うものがあります。 自らの生業を得るために、この自然環境に対してどのような対価を支払われたのでしょうかね? これは山でも海でも同じ事です。

自然環境が近隣住民のみならず、県民・国民の共有の資産であると捉えれば、やはり知って頂く為のプロモーションと共に、保全の方向性も一緒に模索しなければならないのかも知れません。 最も簡単な話は、だれでもが気軽には立ち入れない環境のままにして置く事かも知れませんよww 気合いの入った趣味人が自己責任で入る。 そしてその責務と言うものを、ちゃんと意識出来る人間に成長する事。 まぁ、理想論ですww

無芸大食 # | URL | 2011/06/14 20:44 * 編集 *

川の畔で咲く黄色い花は目立ちますね。
こんな光景は癒されます。
花の数が減っているのは自然が破壊されているせいなのかもしれませんね。
いつまでも残しておきたい日本の美を感じました。

ララ # | URL | 2011/06/15 10:14 * 編集 *

無芸大食さん。

我々一人一人が気をつけないといけないですね。
あとここは国立公園なのでやはり国にしっかりしていただきたいですね。

maru # | URL | 2011/06/15 13:26 * 編集 *

ララさん。

以前より花が少なかったです、川のそばを歩くからなのでしょうか?
私もその一人ですが心が痛みます。

maru # | URL | 2011/06/15 13:29 * 編集 *

こんばんは。
確かに自然相手だといろいろと葛藤しちゃいますね(^_^;)
自分も写真に夢中になってて足元の草花に気付かない事もありますから・・・
気を付けないとですね(^_^;)
最後のカットはスローシャッターなのに花がピンっと止まってるので不思議な
コントラストを感じちゃいました(^-^)

X富士 # | URL | 2011/06/15 21:16 * 編集 *

No title

ブログへのコメントありがとうございました。
緑と清流と凛とした黄色い花、とても良い光景ですね。

自然を大切にしたいと思う気持ちと、その美しい姿を写真に撮りたいという気持ち、
こういう場面ではやっぱり葛藤がありますよね。
どうするのが良いのだろうと、一人一人が心に留め行動できるようになれれば
良いのですけどね。

Toshi # | URL | 2011/06/15 21:30 * 編集 *

X富士さん。

今回のように何回か行っている所の景色が変わってるとそのように思ってしまいます。
最後の写真は数枚撮ってぶれてないのを選びました。

maru # | URL | 2011/06/15 21:40 * 編集 *

Toshiさん。

「撮っていいのは写真だけ、残していいのは足跡だけ」といいますが
たくさんの足跡を見るとそこに立つことがいいのかどうかさえも迷ってしまいます。
この日も花が折れて横たわっていました、このようなことは自分はないと思いますが気をつけていきたいですね。

maru # | URL | 2011/06/15 22:02 * 編集 *

PAGE TOP

コメントの投稿
Secret

PAGE TOP

トラックバック
トラックバックURL
→http://maru67.blog.fc2.com/tb.php/570-c69d5cda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP