03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

行雲流水

福島県の美しい風景を届けたいと思っています。裏磐梯の四季、いわきの海、福島県内の桜、紅葉、新緑、雪景色、星空、山、川、滝、湖、花。

霧氷 










日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霧氷

冷たい霧や雲が樹木や建物などに吹き付けたとき、表面に付着する氷。
細かい水の粒は過冷却になりやすく、0℃より低温でも水のままである。
これが風で運ばれて物体の表面に付着すると、凍結をおこす。
粒の大きさと数、温度、風速と付着面の捕捉(ほそく)率によりいろいろのものができるが、樹氷、粗氷、樹霜に分類される。
樹氷は白色不透明のもろい氷で、風に向かって成長し、羽毛、うろこ、えびの尾などの形になる。
よくみると、微細な氷の粒が積み重なっている。
平地よりも山地で、風が強いときできやすい。
粗氷は霧氷ほどもろくない不透明な氷層で、表面はやや滑らかである。内部には多くの気泡が入っている。
水の粒が比較的大きく、気温が0℃に近い場合にできる。
氷点下10℃くらいになると、発生はまれである。
飛行機の翼への着氷は、樹氷あるいは粗氷が多い。
樹霜は、細かい氷の粒も混じっているが、霜に似た氷の結晶が数多くくっつきあったものである。
成長して小さい木の枝の形になることもある。
過冷却の水の粒が物体の表面近くで水蒸気に変わり、昇華してできる。風が強くない晴れた夜から早朝にかけて霧が発生した際など、樹木や地物の風上側にできやすい。
樹氷の側面に付着することもある。
関連記事



ランキングに参加しています「ぽちっ」とお願いします。

#Photo by horikoshi | 2017/03/01 (水)  21:21 | コメント: 0 | トラックバック: 0編集

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿
Secret

PAGE TOP

トラックバック
トラックバックURL
→http://maru67.blog.fc2.com/tb.php/1448-d2706f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP